Dom. Contr. ’21-’30

back to Achievements

  1. 勝見 亮太、飛沢 健、桑波田 晃弘、岩崎 孝之、波多野 睦子、Jelezko Fedor、関野 正樹、八井 崇、「転写プリント法によるダイヤモンドNV基板上Si3N4グレーティングのハイブリッド集積」、2022年第69回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス&オンライン、神奈川県相模原市、2022年3月25日、25p-E204-15
  2. 八井崇、平松航、勝見亮太、竪直也、「二酸化炭素還元の高効率化に向けたナノフォトニック集光器の開発」、光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新光 第4回最終公開シンポジウム、淡路夢舞台国際会議場&オンライン、2022年3月4日、O-27
  3. 勝見亮太、鳴瀨駿、八井 崇、「高感度ダイヤモンド量子センサ実現に向けたダイヤモンド微細加工構造の集積」、令和3年度 エレクトロニクス先端融合研究所 シンポジウム「先端融合研究が拓くSDGs社会」、2022/3/1、p51、オンライン
  4. K. Hiramatsu, R. Katsumi, Y. Takagi, N. Tate, and T. Yatsui, “Fabrication of colloidal quantum dot-based nanophotonic droplets toward efficient reduction of CO2 by optical near field,” 第31回日本MRS年次大会、2021年12月14日、オンライン、E-O14-006
  5. 髙橋 哲、勝見亮太、飛沢 健、佐藤 匠、桑波田晃弘、五十嵐龍治、大島 武、増山雄太、岩崎孝之、波多野雄治、波多野睦子、牧野俊晴、山崎 聡、Fedor Jelezko、関野正樹、八井 崇、「ダイヤモンドNVバルク基板上のグレーティングカプラーの数値最適化および検証」、第82回応用物理学会秋季学術講演会、名城大学天伯キャンパス&オンライン、2021年9月13日、愛知県名古屋市天白区、13a-N324-1
  6. 上野山 翔太、飛沢 健、勝見 亮太、藤原 弘康、飯田 健二、 矢花 一浩、八井 崇、「金ナノ微粒子を用いたSi受光器の高効率化」、第82回応用物理学会秋季学術講演会、名城大学天伯キャンパス&オンライン、2021年9月13日、愛知県名古屋市天白区、13a-N324-2
  7. 曹 馨雨、辛 宗浩、桑波田晃弘、伏見幹史、隣 新一、小山和博、安野裕貴、吉田鉄兵、柴田貴行、代田悠一郎、湯本真人、澤村裕正、波多野睦子、八井 崇、関野正樹、「Theoretical feasibility study on on-board magnetoencephalography with wearable magnetometers」、マグネティックス/リニアドライブ 合同研究会、2021年6月24日、MAG-21-080/LD-21-040
  8. Xinyu Cao, Zonghao Xin, Akihiro Kuwahata, Shixu Jin, Shinichi Chikaki, Kazuhiro Oyama, Yuki Anno, Teppei Yoshida, Takayuki Shibata, Yuichiro Shirota, Masato Yumoto3, Hiromasa Sawamura, Mutsuko Hatano, Takashi Yatsui, Masaki Sekino, “Sensor array optimization of wearable magnetometers for potential applications in real world,” 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会、2021年6月17日、発表番号: O3-4-1-2
  9. 八井 崇、「高感度ダイヤモンド量子センサ実現のためのダイヤモンド微細加工技術の開発」、令和2年度 エレクトロニクス先端融合研究所 シンポジウム「人間を超える、センシングで超える」、2021/2/22、p67、オンライン
  10. 八井 崇、平松 航、「ナノフォトニック集光器を用いた二酸化炭素還元の高効率化」、光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新的光 ― 物質変換系の創製(I4LEC)第 3 回公開シンポジウム、2021/1/23、発表番号O-36、zoom